F35価格、1機で7億円上昇

 航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として2016年度に導入する最新鋭ステルス戦闘機F35の4機分について、政府は29日午前、アメリカ政府と購入契約を結びました。

 防衛省の説明によると、予備部品を除く機体の本体価格は、1機で7億円上昇したと言う事です。日本側は運用上支障のない部品の一部の購入を先送りするなどして1機当たりの価格を3億円増に圧縮し、約102億円で契約しました。

 機体の本体価格は本来89億円を想定していましたが、契約時には96億円。価格上昇分は4機分で約28億円に上ります。機体に装備する部品の購入額は当初、1機10億円を想定していましたが、日本側は本体価格の上昇を受けて6億円に削り、価格上昇分を差し引き3億円増にとどめました。

 F35はアメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発した単発単座、ステルス機能を備えたマルチロールファイター(多用途性戦闘機)で、第5世代ジェット戦闘機に分類されます。
 アメリカのF-16、A-10、F/A-18、AV-8B、およびイギリスのシーハリアー、ハリアー GR.7、カナダのCF-18などを含む、多種類な戦術航空機を代替する新型機の開発を目的とした「統合打撃戦闘機計画」に基づいて開発され、2011年からアメリカ空軍に納入、初期作戦能力(IOC)獲得予定は2017年後半となっています。