上場企業の純利益21%増

 上場企業の2017年3月期決算がほぼ出揃い、開示した東証1部上場企業のうち、金融機関を除く1117社の連結純利益は前期比21.1%の大幅増となったそうです。

 資源安で前期の純損益が赤字だった三菱商事や三井物産もV字回復を達成、商社の大手7社はそろって黒字を達成しています。都市再開発や東京オリンピック・パラリンピックに向けたインフラ整備の需要増加で、建設や不動産業界も好調で、鹿島建設や三井不動産などが最高益を計上。過去最高を記録した企業は387社で、全体の34.6%となっています。

 日本経済は全体的に好調が続いているようです。確かに最近よく目にするというか、気になっていたのは、閉鎖されるコインパーキングが多いと言う事です。閉鎖されて何になっているかというと、大体マンションが建設されている。昔バブルの全盛期に買い占められ、バブルの終了と共に虫食い状態になった土地がコインパーキングとなり、そのコインパーキングに今マンションが建設されている。

 とりあえず東京オリンピックまでは続くと思いますが、問題はその後。オリンピック特需が終わっても続けば本物なのですが。