老朽ガス管、私有地に8万本

 経済産業省の調査で、全国の商業ビルやマンション、アパートなどの私有地で、ガス漏れの恐れがある古いガス管が約8万本あることが判明したそうです。

 1990年代までは鋼鉄製のガス管が主流でしたが、これは古くなると腐食しやすく、およそ20年を超えるとガス漏れの発生件数が増えます。1996年以降は旧式の鋼鉄製ガス管の埋設が禁止されましたが、それ以前に整備されたガス管は今年から続々と交換目安となる「20年」を迎えます。

 経産省の調査によると、国内の一軒家を除く私有地には、都市部を中心に2013年度末時点で旧型のガス管が約8万本あると言う事です。同省は、腐食しにくく耐震性も強いポリエチレン製の新型ガス管への交換を促していますが、すべてを交換するには時間とコストがかかります。

 私有地内のガス管は、その土地の所有者の所有物扱いなので、工事費は全て自己負担となります。工事費は、場合によっては1000万円以上になる場合もあり、先送りにされがちです。