東京マラソン、藤原新2位

男子マラソンのロンドンオリンピック代表選考会を兼ねた東京マラソンは26日に行われ、男子は藤原新(30 =東京陸協=)が日本歴代7位の2時間7分48秒で日本勢最高の2位に入り、オリンピック代表を確実にしました。

藤原新は前回の北京オリンピックでも代表選考会を兼ねた東京マラソンに出場、優勝したビクトル・ロスリン(スイスの旗 スイス)に次ぐ日本人トップの第2位、2時間8分40秒のタイムでゴールしました。しかし、最終的には世界陸上大阪大会男子マラソンで5位入賞した尾方剛と3番目の争いに破れ、補欠となりオリンピック出場は果たせませんでした。しかし、今回日本人として5年ぶりの2時間7分台を記録、途中までは6分台を狙うペースで見事に4年前のリベンジを果たしました。

一方前評判の高かった公務員ランナーの川内優輝(埼玉県庁)は、給水に3回続けて失敗し、2時間12分51秒で14位に終わっています。
川内は苦しくなりましたね、タイム的にもロンドンは難しい。給水にさえ失敗しなければ・・・・。勝負事にレバタラは禁物ですが、つい考えてしまいます。