コインチェックの仮想通貨流、北朝鮮の犯行か?

 韓国の国会情報委員会で5日に情報機関である国家情報院が行った報告によると、北朝鮮が韓国の仮想通貨取引所2カ所以上にハッキングを行い、仮想通貨約260億ウォン、日本円で約26億円相当を盗んだそうです。

 国家情報院は、日本の仮想通貨取引所(コインチェック)が不正アクセスを受けて仮想通貨約580億円相当が流出した事件も、北朝鮮の犯行である可能性が高いと指摘しています。

 制裁強化で資金繰りの厳しくなった北朝鮮が、新たな資金獲得源としてハッキングによる仮想通貨の獲得を行っていることは以前から指摘されていました。当然日本も標的にされていておかしくありません。

 ただし、コインチェックでは仮想通貨の流出先は把握しており、また仮想通貨は現金化すれば足が付くと言っています。しかも、仮想通貨は不正流出や規制強化の影響で値段が下がり続けており、最も代表的なビットコインは最盛期の1/3以下になっています。それでも、北朝鮮にとっては貴重な外貨獲得元なのかも知れませんが。