中国、ダライ・ラマ会談でアメリカに抗議

 中国外務省の張業遂筆頭外務次官は21日、北京のアメリカ大使館当局者を呼び出し、オバマ大統領とチベット仏教最高指導者であるダライ・ラマ14世との会談について「強い憤慨と断固たる反対」を表明し、抗議しました。「ダライ集団の反中国分裂活動への支持を直ちに停止せよ」と求めたということです。

 中国外務省のサイトによると、張氏は「チベットは中国の神聖なる領土の一部で、チベットに関する事柄は全て中国の内政だ。アメリカに干渉する権限はない」と述べ、「中国とダライ・ラマ側の対立は、民族の問題でもなければ、宗教や人権の問題でもない。国家の統一に関わる重大な原則問題だ」と強調したそうです。

 オバマ大統領は21日にホワイトハウスでダライ・ラマ14世と会談し

 1.チベットの宗教、文化、人権擁護を強く支持
 2.高度の自治を求めるダライ・ラマの「中道路線」を支援
 3.中国とチベットとの直接対話を奨励
 4.チベットは中国領で、米政府はチベットの独立を支持しているわけではない

 との見解を表明。ダライ・ラマも「チベットの独立を追求しているのではなく、中国政府との対話再開を望んでいる」としていました。

 中国では例によって、会談の模様を放送したNHKのニュースが約1分15秒に渡って中断されました。