ドミノ・ピザ、「トナカイデリバリー」計画を中止

 ピザチェーンの大手ドミノ・ピザは、ピザの宅配をオートバイではなくトナカイで行う「トナカイデリバリー」について、中止すると発表しました。代わりにオートバイにトナカイ風のラッピングを施した「トナ改バイク」を台数限定で採用するそうです。

 ドミノ・ピザでは降雪対策に、トナカイを使った配達を計画。しかし、実際に訓練を始めたところ、同社の「安全性および確実性における基準を満たせない」と判断したそうです。

 おまけに、利用者がピザの配達状況をリアルタイムにブラウザのマップ上で追跡・把握できる「GPS DRIVER TRACKER」。これをトナカイに乗せたところ、迷走する様子がリアルタイムで見えてしまったと言う事です。

 トナカイの訓練と言うか、トナカイを操る人間の訓練が必要でしょう。それに、バイクと違って、使わない時は倉庫に置いておけば良いという物ではありません。相手は生き物ですから、面倒を見る人間が必要で、相応の専門知識と経験を持った人間が必要です。

 これは、あまりにも予測が甘すぎたと言わざるを得ません。それとも、初めから本気で導入する気のない話題作りだったのかも知れません。