患者の遺伝子配列で薬の適量予測

患者の遺伝子の配列を調べる事で、その人に適合した量の痛み止めの薬を副作用を抑えながら投与する方法を、東京都医学総合研究所の池田和隆参事研究員らのグループが開発したそうです。人によって異なる鎮痛薬の適量を予測する治療法は、世界で初めてという。

がんや手術後の痛み止めなどに使われる「オピオイド性鎮痛薬」について、効き目に影響する五つの遺伝子の配列を調べ、必要な投薬量を決める方法を数式化したのだそうです。東京歯科大学水道橋病院で、下あごの形成外科手術の際にこの治療法を始め、将来は、がん患者の痛みを和らげるために使うことを目指し、すでに実験を始めているという事です。

これまで鎮痛薬は麻酔医が経験と勘で投与していましたが、副作用があるので少なめにすることが多いのだそうです。当然少なければ患者は痛みを感じる。その適量が遺伝子配列で判る、と言うのは画期的ですね。実用化されれば、オーダーメイドで痛みを防ぐことが出来ますし、副作用を抑えられる所も魅力的です。