ベネッセ情報流出、派遣SEが関与

 通信教育大手「ベネッセコーポレーション」から顧客情報が大量に流出した問題で、顧客情報のデータベースを管理する下請け業者でシステムエンジニアとして勤務する派遣社員の男が、警視庁の任意聴取に対して「名簿がお金になると思った」と、事件への関与を認める供述をしたそうです。

 ベネッセでは顧客情報を社内のデーターベースで保管し、管理はグループのシステム会社「シンフォーム」(岡山市)が請け負い、シンフォームはさらに顧客情報の入力や更新などの業務を細分化し、システム会社やソフトウェア会社など複数の外部企業に再委託していました。
 関与を認めたのは再委託された外部企業で、派遣社員としてデーターベースの管理を行っていたと言うことです。

 シンフォームの東京支社(東京都多摩市)で昨年末、この派遣社員のIDが使われ、顧客情報が複数回コピーされた痕跡がパソコンに残っており、支社に出入りした記録もあったため、警視庁は任意での事情聴取を行っていました。
 支社からパソコンを持ち出すことは禁じられていましたが、USBメモリーなどの記録媒体を接続することは可能で、隠し持っていた記録媒体に顧客情報をコピーして盗み出したとみられています。