中国審査遅れで合併延期

鉄鋼大手JFEホールディングスと重機大手IHIは20日、中国政府の独占禁止法上の承認手続きが遅れ、現時点で認可の通知を受けていない事を理由に、造船子会社同士の合併によって12月1日に発足する予定だった新会社「ジャパン マリンユナイテッド」の合併を2013年1月1日に延期すると正式発表しました。
当初は10月1日の合併予定でしたが、1か月ずつ2度延期されており、延期は今回で3度目だそうです。

「ジャパン マリンユナイテッド」は、日本鋼管(現・JFEエンジニアリング)と日立造船の船舶・海洋部門が統合し発足したユニバーサル造船株式会社と、株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッドの合併によって誕生する予定となっていました。

これも嫌がらせの一環でしょうか。やはり中国に係わるなら、この程度は覚悟しておくべきでしょう。ただでさえ造船は中国が低コストを武器にシェアを伸ばしている分野。しかも、日本はかつての造船大国であり、中国にとっては警戒すべき相手。その大手の合併に対しての妨害行為など、中国では当たり前に起きることと考えておかなければなりません。所詮は法治の存在しない人治国家ですから。