F35価格、1機で7億円上昇

 航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として2016年度に導入する最新鋭ステルス戦闘機F35の4機分について、政府は29日午前、アメリカ政府と購入契約を結びました。

 防衛省の説明によると、予備部品を除く機体の本体価格は、1機で7億円上昇したと言う事です。日本側は運用上支障のない部品の一部の購入を先送りするなどして1機当たりの価格を3億円増に圧縮し、約102億円で契約しました。

 機体の本体価格は本来89億円を想定していましたが、契約時には96億円。価格上昇分は4機分で約28億円に上ります。機体に装備する部品の購入額は当初、1機10億円を想定していましたが、日本側は本体価格の上昇を受けて6億円に削り、価格上昇分を差し引き3億円増にとどめました。

 F35はアメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発した単発単座、ステルス機能を備えたマルチロールファイター(多用途性戦闘機)で、第5世代ジェット戦闘機に分類されます。
 アメリカのF-16、A-10、F/A-18、AV-8B、およびイギリスのシーハリアー、ハリアー GR.7、カナダのCF-18などを含む、多種類な戦術航空機を代替する新型機の開発を目的とした「統合打撃戦闘機計画」に基づいて開発され、2011年からアメリカ空軍に納入、初期作戦能力(IOC)獲得予定は2017年後半となっています。

葉酸が高血圧予防に有効?

 葉酸はビタミンBの一種で、妊娠中に摂取すると子供の先天性異常の予防効果があるとされています。一方で、大量に摂取した場合はがんや死亡リスクが上昇するとの研究結果もある栄養素です。その葉酸の摂取量を増やすことが高血圧の予防につながる可能性があると、ノースカロライナ大学(アメリカ)のPengcheng Xun氏らがアメリカの医学誌に発表しました。

 葉酸の降圧作用は、これまでも実験的研究で示唆されていましたが、ヒトでのデータは殆どありませんでした。Xun氏らは,1985年に高血圧のない18~30歳の男女4400人を登録。2005年まで追跡し、登録時と1992年、205年に調べた食事による葉酸摂取と追跡中の高血圧発症との関係を検討しました。

 20年間に渡る追跡で989人が高血圧を発症しており、葉酸摂取量によって5つに分けたうちの最も多いグループは、最も低いグループと比べて高血圧の発症リスクが52%低かったと言う事です。またこの傾向は、黒人よりも白人で強かったという事です(リスク低下46%対67%)。
 また、登録時と1992年、2000年に血清中の葉酸値を測定した1445人についても、この関連が確認されていました。

DVD買取詐欺

 高知県で5月中旬から今月1日にかけて、「金融庁関係のDVDソフトを購入すれば大手商社が高値で買い取ってくれる」などと架空の売買を持ちかけられ、高齢の女性が金を騙し取られる詐欺事件が相次いでいる事が判りました。

 県警生活安全企画課によると、5月中旬、女性宅に男から電話があり、1枚75万円のDVDを別の業者が百数十万円で購入してくれると持ちかけ、更にその数日後、大手商社を名乗る別の男が電話で「そのDVDをさらに高値で買います」と告げたといいます。
 その後、女性宅に売買内容の書かれた封書が届き、女性は同30日、業者に300万円を送金。更に業者から大口の売買を持ちかけられ、今月1日に750万円を送金したという事です。

 女性はすぐには詐欺に遭っている事に気がつきませんでしたが、女性が口座を開設している銀行の行員が2日間で大金が引き出されている事を不審に思い、警察に相談して発覚しました。

 良くある詐欺の手口です。この事件ではDVDですが、未公開株であったり美術品であったり。必ず売り込みの電話があった後、「その商品を持っていたら高値で買い取る」と言う電話がかかってくる。被害者は「各実に買い取ってくれる商品」と思い込み、大金を払ってしまうと言う訳です。

 県内では今年に入って、社債等の儲け話を持ちかけるといった詐欺で7件の被害届が出され、被害額は7000万円に上ると言う事です。しかも狙われているのは、いずれも60歳代以上の女性ばかり。