県警に不眠などの惨事ストレス

岩手県警が東日本大震災後、職員の不眠などを引き起こす”惨事ストレス”について調べたところ、1割が専門医の診察を必要とする重症だった事が判明しました。特に捜索にあたった沿岸部の警察官に目立ち、専門家は心のケアの必要性を指摘しています。

この結果は、同時期に岩手県警の専門医がチェックシートを作り、昨年4月に当時の全職員2612人に配布し、2462人の回答を得たものです。それによると「睡眠中に目が覚める」「怒りっぽくなっている」など32項目に5段階で回答してもった結果、237人が直ちに診察が必要な「重症な惨事ストレス」と判定されたと言う事です。このうち内陸勤務は185人(回答2132人)、沿岸勤務は52人(同330人)で、沿岸勤務の割合が1.8倍との結果が出ました。
昨年9月の第2回調査では、回答した2492人のうち重症は87人で、近く3回目の調査をする予定で、菊池晃光・県警厚生課長は「職員の心を中長期的に見守りケアしていきたい」と話しています。

”目の前で人が波にのまれた。光景が浮かんでくる”、”失った同僚が夢に出る”、これは不眠になるのも無理ありません。しっかりケアしてあげて欲しいものです。

コストコのスロープ崩落、立件へ

東京都町田市の大型量販店「コストコ多摩境店」の駐車場のスロープが、東日本大震災で崩落して2人が死亡、8人が重軽傷を負った事故で、警視庁が設計士らを業務上過失致死傷の疑いで立件する方針を固めたことがわかりました。

警視庁は、建物やスロープの耐震強度の設計に欠陥があったとみているそうです。同店は2階と屋上が駐車場、1階が店舗で、スロープは建築基準法に基づき震度5強程度の揺れに耐える設計を求められています。しかし、震災当日は震度5弱で、外壁に沿って駐車場へ続くスロープが崩れ落ちて真下を走っていた車3台が下敷きとなり、川崎市麻生区の当時74歳と66歳の夫婦が死亡していました。建物は平成14年の完成で、老朽化も考えられません。
東日本大震災をめぐる建物の倒壊や崩落事故で刑事責任が追及されるのは、初めてのケースとなります。

設計ミス、の結論になりましたか。確かに、震度5に耐えなければならない建造物が、震度5弱で崩れ落ちては、何らかの欠陥が合ったと見るべきでしょう。

バストアップマッサージ

豊胸手術はリスクが高い上に、保険適用外のため費用もかかる。その点、バストアップマッサージは家にいて手軽にできるのが良い所です。ただ、間違ったバストアップマッサージをしているとサイズダウンの原因になることが多いのです。あなたは正しいバストマッサージが出来ていますか?。

バストアップマッサージは豊胸手術のように、バストに異物を入れるわけではありませんから、リスクも無く気軽にできます。ただし、正しい方法でなければバストアップは出来ません。バストは、言わば脂肪の塊です。間違ったバストマッサージ方では、揉むことで脂肪が分解されてしまい、最悪の場合サイズがダウンしてしまう事にもなりかねません。さらに、間違ったバストアップマッサージを続けていると、リンパの流れが悪くなる可能性があります。リンパの流れが悪くなると、体内の老廃物の排出がされにくくなります。その結、果肌荒れや吹き出物などを引き臆すのです。
正しいバストアップマッサージならバストアップするだけでなくリンパの流れも良くなるから一石二鳥。もし自己流のマッサージをしているなら、今すぐ止めて正しいバストアップマッサージを始めましょう。

バスストアップマッサージを自分の手でやる利点は他にもあります。毎日自分の手でバストアップマッサージをすることで、もし乳ガンになっても早期発見できる可能性がアップするのです。バストやお肌に効果があるだけでなく、毎日やることで乳ガン予防にもなるなのですから、正しいバストアップマッサージはトテモメリットがあると言う事です。