TSUTAYAバイトのツイッター炎上

 愛知県内のTSUTAYAでアルバイトをしている店員が、原爆Tシャツで批判を浴びている韓国のヒップホップグループ「防弾少年団(BTS)」の悪口を言っていた客について個人情報をネットで公開するとツイッターに投稿。TSUTAYAが謝罪しました。

 この店員、今月13日の勤務中、店内で客がBTSの悪口を言っていたとツイッターに投稿。更に、その後「個人情報を取り扱う仕事をしている、名前も性癖も暴露できる」と投稿し、あっと言う間に批判投稿が殺到して炎上状態になりました。

 アルバイトのツイッターアカウントは炎上後に削除されましたが、投稿内容から就職活動中の大学生とみられ、プロフィールには本名や顔写真も公開されていたと言う事です。また、過去には在籍するとみられる大学教員の実名を挙げて「殺す」と投稿したり、学部を「燃やす」との投稿もありました。

 TSUTAYAは15日、問題の投稿をした人物が愛知県内にある店舗に勤務するアルバイトであることを認めて謝罪。問題のアルバイトに事情を聴いていると言う事です。また、在籍するとみられる大学は同盟の学生が在籍するかどうか調査中だそうです。

 公開されていた名前や顔写真が本物かどうかは不明ですが、客の個人情報を暴露すると脅した本人が自分の個人情報を拡散され、勤務先や大学で調査される事になるとは、非常に教訓的な出来事です。

ヤマト、引っ越しで過大請求

 宅配便大手のヤマトホールディングス傘下で、引っ越し会社のヤマトホームコンビニエンス(YHC)が、法人向け引っ越し事業で料金の過大請求があったそうです。

 2016年から2018年の間に引越サービスを行った法人3367社の124000件について調査した結果、2640社の約48000件で総額約17億円分の過大請求があったと言う事です。過大請求は全国にある11の統括支店全てで行われていました。

 ヤマトHDによれば、2011年に過大請求の事実を指摘する内部告発があり、社内調査で対応したそうです。しかし、全国的な問題という認識がなく、それ以上の調査は行われず、長年過大請求が放置されてしまいました。

 過大請求があった法人には23日までに全て謝罪、今後速やかに返金していくとしています。

 YHCの2018年3月期、営業利益は5億2200万円でした。過大請求分を差し引くと、営業赤字だった可能性があり、その辺が過大請求の起きた原因かも知れません。

 とにかく、昨年は親会社のヤマトHDでドライバーへの大規模な残業代不払いが発覚するなど、コンプライアンスが問題になっていた矢先でした。ただ、引っ越しの過大請求というのもよく判りません。引っ越し代は各社が独自に算定して請求する物で、

キングダム、実写映画化決定

 週刊ヤングジャンプ(集英社)で2006年から連載が続く人気漫画、キングダムが実写映画化されるそうです。

 舞台は中国、秦が中国を統一する以前の春秋戦国時代と呼ばれる時代。大将軍を目指す少年、信。そして、後に秦の始皇帝となる秦王、政を主人公に、連載は今年で12年目を迎え、単行本は49巻で累計3300万部を販売する人気作品です。

 2012年にアニメ化され、翌年にはアニメの第2期が放映され、同年の手塚治虫文化賞で漫画大賞を受賞。芸能界にもファンが多いことで知られています。2016年には連載10周年を記念して、山崎賢人が信を演じた特別実写映像が公開されました。

 企画は1年以上前から続き、作者の原泰久氏が脚本会議に参加、「納得の脚本」と直筆のメッセージを寄せています。

 キングダムですか、中国の戦国物ですね。日本人にお馴染みなのは三国志ですが、そこから時代を遡って春秋戦国時代。日本では今まで漫画でも、実写でも扱われなかった時代に初めて焦点を当てて、大成功した作品。洋の東西を問わず、戦国時代の天下取りの物語って、やっぱり人間は好きなんでしょう。

 キャストなど、詳しいことはまだ発表されていません。