日経新聞が税務調査

日本経済新聞社(東京都千代田区)が東京国税局の税務調査を受け、平成22年12月期までの3年間で約3億3千万円の申告漏れを指摘されていました。このうち約1200万円は仮装・隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しにあたると認定された。追徴税額は重加算税を含め約900万円。

同社などによると、取材名目で飲食に使われた費用の一部約1200万円について、記者同士の飲食に使われるなどしたため経費として認められなかったほか、22年度に計上した販売促進費約1億8千万円は23年度に計上すべきと指摘された。

自分達で飲み食いした費用まで経費で落とそうしたら、ばれてしまったと言う事です。良くある、と言えば良くある話ではあります。日本経済新聞社、と言うのが注目集めますね。大手マスコミでも結構せこい事をやってるようです。

同社広報グループは「指摘に従って9日に修正申告し、追加納税した。今後も適正な経理処理に努める」とコメントしています。