全国の鉄道、NEXCO各社がポケモン社に申し入れ

 全国の私鉄やJR、NEXCO各社が、高速道路や駅の構内等にスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のキャラクターが出現させないよう配信会社に申し入れる方針だそうです。

 申し入れをしたのは全国の鉄道事業者23社局と日本地下鉄協会、そしてNEXCO各社。鉄道利用者の安全確保などの観点から、駅や線路を含むすべての鉄道施設にゲームのキャラクターが出現しないよう。そして、高速道路の本線とサービスエリア、パーキングエリアなどの休憩施設にゲームのキャラクターが出現しないよう、開発元のナイアンティック社とポケモン社に提出すると言うことです。

 ポケモンGOを巡っては、電力会社も開発側に原子力発電所に出現しない設定にするよう要請しています。また、出雲大社は宗教上の理由から、広島の平和公園は不謹慎であるとの理由から、それぞれゲームのキャラクターが出現しないよう申し入れています。

 確かに、駅のホームにレアモンスターが出現してプレイヤーが殺到したら、それがもしラッシュ時だったりしたらパニックになりかねません。列車の写真を撮るため軌道内に入り込む鉄道マニアも少ないですし、同じ事がポケモンGOでも起きかねません。それが更に、高速道路で起きたら、大惨事を引き起こすかもしれません。

 今後も安全上の理由から、または宗教上の理由から、ゲームのキャラクターが出現しないよう申し入れる例は増えるでしょう。それだけ、このゲームが社会現象化している証拠でもあります。