ファミリーマートに統合

 コンビニエンスストアチェーン大手のファミリーマートと経営統合を予定しているユニーグループ・ホールディングスは、傘下のコンビニチェーン「サークルK」と「サンクス」の店名を「ファミリーマート」に一本化する方針を固めました。

 ファミリーマートの国内の店数は約1万1500店。一方サークルKは約3700店で、サンクスは約2600店。最も全国的な知名度の高いファミリーマートへの一本化が効果的、との判断です。店舗の改装は経営統合を予定する9月をめどに始め、完了まで3年間の予定。

 統合後ファミリーマートの店舗数は約1万7800店になり、業界首位の「セブン―イレブン」にほぼ匹敵する事になります。

 ファミリーマートとユニーグループは昨年3月に経営統合の協議入りを発表した際、コンビニの店名について「一本化を軸に検討する」としていましたが、予想通りの展開です。しかし、問題はポイントカード。ファミリーマートはTポイントを使い、サークルKとサンクスでは楽天Rポイント。統合後はどちらになるのでしょう?。両方とも使えると有難いのですが。