5人以上で集まるな

 北朝鮮当局は、最高指導者である金正日(キムジョンイル)総書記の死去が発表された19日、中国との国境付近に住む同国住民に対して、追悼の花束を供える時以外に5人以上集まる事を禁止していたそうです。

 金正日は、北朝鮮を建国した初代最高指導者金日成の長男であり、父親の死後最高指導者の地位を継承。死去するまで朝鮮労働党中央委員会総書記と朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長、そして朝鮮人民軍最高司令官、ならびに朝鮮労働党中央軍事委員会委員長を務め北朝鮮の絶対支配者で、朝鮮民主主義人民共和国元帥と朝鮮民主主義人民共和国共和国英雄の称号を持ちます。

 やはり国民の動揺を恐れているのでしょう。北朝鮮では金一族については偶像化、神格化、宗教家が進んでいますし、首都はまだしも、地方都市では食糧事情も悪化し、国民は疲弊していると聞きます。兵士さえも餓死するほどだとか。これで統制がとれなくなれば、一気に瓦解する、ベルリンの壁崩壊の再現になるかも知れません。